次につながるもの

 医療の仕事をすることで、医療に特化した知識と技術を習得していき、今後において医療人として活躍していくための必要となる経験として自分の力になるのです。仕事で積み重ねていく経験があるからこそ、その経験を活かして社会に貢献できているという実感を抱いていき、社会で必要とされている自覚があるからこそ、自分が携わっている仕事に懸命な姿勢で臨んでいくことができると思うのです。
 この道一筋で頑張っている、というくらいに仕事に対しての情熱がある方が少なくないでしょう。仕事を続けられるのは、自分が任されている仕事が確実に世の中に役立っているという実感があるからだと考えられて、自分が居てこそ世の中が明るくなっていくという確信の下で、仕事の経験を積み重ねていくことをいとわなくなるのです。自分の仕事に責任を持つということは、今まで仕事で経験してきたことを無駄にせずに今の現状を打破していこうという義務感が伴うことであり、自分の力が社会を一新していくくらいの影響力があるのだという自信があってこそ、仕事に対しての前向きな気持ちが途絶えていかないのだと考えられるのです。
 医療の仕事を続けることで、自他ともに認める医療人として誇りを持てるようになる方がおられるでしょう。病院内での患者との様々な関わりの中で、時には患者の死に直面することがあるでしょう。それでも、その経験を通して医療人として尽力していこうとするモチベーションを携えていくのだと思うのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*