医歯薬学は人の命や健康を守るとても重要な学問です。
医師を代表する医学は、直接患者さんの診察や治療、処置などを行なったり、病原を研究したりすることによって、人々の健康や命を守る仕事をする学問です。
歯学は、主に人々の口腔内や歯の健康を守ったり、治療を行なうための仕事を行う為の学問です。
歯科医師をはじめとして、歯学部では歯科衛生士や歯科技工士なども養成されます。
薬学は主に、人々の健康や命を守るために用いられる薬剤について学びます。
薬には作用もあれば副作用もあります。
また、服薬している薬によっては、いっしょに飲んではいけない薬や食べ物、飲み物などがある場合もあります。
誤って服用することで症状を悪化させたり、ひどい場合には死に至らしめることもある危険なものです。
こういった知識を全て身につけ、人々が安心安全に薬を服用、使用できるようにするのが薬学です。
薬剤師や薬局などで働く登録販売員などが養成されます。
人の命や健康を守る重大な仕事なだけに、失敗は許されず、常にストレスが溜まるし、残業や時間外の仕事なども多い過酷な仕事が多いのですが、辞める人が少ないのが医歯薬学の仕事についている人達の大きな特徴です。
それはやはり、自分が受け持った人が元気になったり、笑顔で「ありがとう」と言ってもらえる機会が多い仕事だからでしょう。
心身的な疲れも多いけど、それだけやりがいが大きいのもこの仕事の魅力といえます。
過酷でもやりがいのある看護師の仕事をやってみようと求人を探しているかたも多いと思います。こうした魅力もあるのでつらい仕事でも頑張っていきましょうね。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*